家に一台設置する!家庭用防犯カメラの選び方

金庫

タンス預金に役立つ

防犯対策の一つとして、各家庭では金庫に工夫をするようになってきています。また、タンス預金の家庭も多いため、金庫対策は大切です。一工夫された金庫は通販で購入できます。形状にしてもデザインにしても、様々なものがあるので便利です。

家に設置するには

防犯カメラ

どのタイプがお得か

家に防犯カメラを設置するといってもさまざまな機種が存在します。一般に安価なものは家庭用とも呼ばれますが、家庭用だからといって品質に劣るわけではなく、特に現在のカメラの性能は一昔前の防犯カメラよりも性能が高いので十分にその役目を果たしてくれます。そもそも家に防犯カメラを設置する理由は2点です。ひとつはカメラを置くことで、空き巣などの泥棒に対して侵入を思いとどまらせることです。もうひとつが証拠映像を記録すること、で解決に役立てるということです。どのような方法で侵入したのかを知る事ができれば、次の防犯に役立てることができます。家庭用防犯カメラを選ぶ際の基準としては、まずは屋内に設置するか屋外に設置するかです。屋外であれば当然、防水性能のあるカメラを選ぶ必要があります。また夜間になると通常のカメラでは撮影が困難になるため、灯りがない場所では人感知用のライトを併用したカメラや赤外線カメラを利用する必要があります。目立たせることで防犯性を高めるのであればライト付きが無難です。またあくまでも防犯性を高めるために設置するのであればダミーや、または録画機能付きカメラを設置することで費用を抑えることができます。一方で屋内に設置されるものとしては家庭用には見守り用の卓上カメラなどがあります。これらは屋内に侵入された時点での防犯性の効果がありませんから、あくまでも犯人を特定するためのものに使われます。この場合には見つからないように隠すように設置することがポイントです。

防犯カメラ

小型で使いやすいのが特徴

防犯のために設置される防犯カメラには、録画先としてSDカードを採用した製品も登場しています。本体も含めてコンパクトなサイズであるのが特徴で、設置も簡単です。SDカードを買い換えるだけで容量不足に対応できる上、映像の扱いも簡単であるなど多くの利点があります。

カメラ

設置するさいの注意

防犯カメラを選ぶ際のポイントとして、録画機能があります。現在ではデジタル方式で録画されているので、昔のビデオテープよりも格段に画質は向上していますが、用途に応じてより鮮明な映像を得たい場合には、カメラの画素数のほか録画方式にも注意しなければいけません。