家に一台設置する!家庭用防犯カメラの選び方

小型で使いやすいのが特徴

防犯カメラ

録画映像の扱いも簡単

犯罪の抑止や早期解決に役立つアイテムの一つに、防犯カメラがあります。設置しておくことでその場で何が起きたのかを記録できる装置で、犯罪者を見つけるのにも役立ちます。映像の記録には、ビデオテープやハードディスクが使われてきました。しかし最近では、SDカードを使った防犯カメラも販売されています。SDカード式の防犯カメラの特徴は、外部の記録装置などとの接続作業が不要である点です。その多くは防犯カメラ本体にSDカードを差し込むようになっているため、配線などの工事を行わなくとも使えるのは大きな利点です。他にも長所があります。SDカードは非常に小さな記録メディアで、指先に乗るほどです。そのため狭い場所への設置が可能になり、動作に必要な消費電力も小さくなっています。デジカメ用として売られているSDカードと同じであるため、録画した映像でいっぱいになった時でも、新しいものを買ってきて差し替えるだけと簡単です。録画映像の扱いも、SDカード式の防犯カメラならより楽になります。パソコンのカードスロットに挿し込めば、映像の確認から編集、不要なものの削除まで手軽に管理できるからです。こうした扱いやすさは機械に詳しくない女性の方にもおすすめできるもので、防犯上の理由から初めて防犯カメラを設置したいという人にも適しています。注意点としては、記録映像の品質が劣る可能性がある点です。SDカードは記憶容量が小さいため、防犯カメラ本体が記録映像を圧縮することもあります。鮮明な映像として残したい場合には、録画設定を見直しておきましょう。